Windows10でタスクをスケジュールする方法に関するすべて

Windows10でタスクをスケジュールする方法に関するすべて

Everything About How Schedule Tasks Windows 10

タスクスケジューラウィンドウ10 PCのさまざまな問題を修正するには、RestoroPC修復ツールをお勧めします。 このソフトウェアは、一般的なコンピューターエラーを修復し、ファイルの損失、マルウェア、ハードウェア障害からユーザーを保護し、最大のパフォーマンスを得るためにPCを最適化します。 3つの簡単なステップでPCの問題を修正し、ウイルスを今すぐ削除します。
  1. RestoroPC修復ツールをダウンロードする 特許技術が付属しています(特許が利用可能 ここに )。
  2. クリック スキャン開始 PCの問題を引き起こしている可能性のあるWindowsの問題を見つけるため。
  3. クリック 全て直す コンピュータのセキュリティとパフォーマンスに影響を与える問題を修正する
  • Restoroはによってダウンロードされました0今月の読者。

タスクスケジューラは、作業を合理化できるため、最も実用的なプリセットWindowsアプリケーションの1つです。



このアプリケーションの主なアイデアは、特定の時間または特定のイベントでさまざまなスクリプトやプログラムの実行をトリガーすることです。

ロードされたすべてのタスクにインデックスが付けられ、実行する必要のある時間とその重要性に従ってタスクを整理するライブラリがあります。



このアプリケーションの基本システムは、トリガーとアクションの2つの要素で構成されています。

タスクスケジュールウィンドウ10



タスクスケジューラについて何を知る必要がありますか?

  1. トリガーの種類
  2. アクションの種類
  3. タスク条件の種類
  4. タスク設定
  5. タスクセキュリティコンテキスト
  6. タスクスケジューラの使用方法

1.トリガーの種類

タスクを作成する最初のステップは、タスクを実行する原因を決定することです。したがって、トリガーは、満たされたときにタスクを開始する一連の条件です。

トリガーはにあります 引き金 からのタブ タスクのプロパティ そしてその タスクの作成 メニュー。から タスクの作成 メニューでは、ニーズに合わせて新しいトリガーを作成できます。

タスクスケジュールメニューをトリガーします



トリガーには、時間ベースのトリガーとイベントベースのトリガーの2種類があります。

時間ベースのトリガー スケジュールに応じて、特定の時間に開始するタスクまたは定期的に開始するタスクに使用されます。

イベントベースのトリガー 特定のシステムイベントで開始するアクションに使用されます。

たとえば、この日に数時間の作業を回復し、通常よりも多く作業することがわかっていても、同じ生産性を維持したいとします。

コンピューターがアイドル状態になるたびにトリガーされるようにタスクを設定できます。

注:タスクに複数のトリガーがある場合、少なくとも1つのトリガーが実行されるとアクティブになります。

スケジュールのトリガー

この種のトリガーにより、タスクは、ユーザーが構成した適切に決定されたスケジュールの後に実行されます。トリガー設定から、タスクを1回、毎日、毎週、または毎月繰り返すかどうかを選択できます。

新しいトリガーウィンドウ10

この時間間隔は、コンピューターの日付と時刻によって決まります。あなたはチェックすることができます ユニバーサル 時間間隔を相対的なものにし、UTC(協定世界時)と同期させるためのボックス。

この機能を使用すると、複数のタスクを調整して、異なるタイムゾーンで独立して実行できます。

ザ・ ワンタイムトリガー 設定が最も簡単です。あなたがしなければならないのはあなたが行動を起こさせたい日時を入力することです。

ザ・ 毎日のトリガー は、繰り返し発生するシステムと、この種のトリガーの使用を開始する日時に基づいています。

1の間隔は毎日のスケジュールを作成し、2の間隔は1日おきのスケジュールを作成します。

あなたが選ぶなら 毎週のトリガー このスケジュールを開始する日時、実行する曜日、および繰り返す頻度を入力する必要があります。このトリガーの再帰は、毎日のトリガーと同様です。

1の間隔では、タスクは毎週繰り返され、2の間隔では、タスクは2週間ごとに繰り返されます。

ザ・ 毎月のトリガー 他と多くの違いはありません。タスクをアクティブにする週と曜日を選択するだけです。

再帰システムは同じですが、唯一の違いは、繰り返しの最小間隔が1か月であることです。

スタークラフト2ブラックスクリーンウィンドウ10

ログオンのトリガー

Windows10でログをトリガーする

このタイプのトリガーは、ユーザーがコンピューターにログオンしたときにアクションを実行します。これには、すべてのユーザーに対して、または特定のユーザーに対してのみ実行されるアクションを設定できるカスタマイズ機能があります。

アイドル状態のトリガー

アイドル状態のウィンドウでトリガー10

このトリガーは、コンピューターがアイドル状態に入った後に実行するアクションを決定します。トリガー条件は、 条件 のタブ タスクの作成 メニューまたはから タスクのプロパティ 窓。

条件タスクスケジュールウィンドウ10

イベントのトリガー

イベントベースのトリガーは、イベントが発生した後に実行するアクションを決定します。事前定義されたイベントのリストから選択できますが、特定のイベントを設定することもできます。

イベントウィンドウでトリガー10

あなたが選択している場合 基本 トリガー設定では、特定のイベントログから1つのイベントのみがタスクを実行します。

あなたが選択した場合 カスタム トリガー設定では、タスクを実行できるイベントのXMLイベントクエリまたはカスタムフィルターを入力できます。

ワークステーションロックのトリガー

ワークステーションのロックウィンドウでトリガー10

このタイプのトリガーは、次の場合にタスクを実行します。 コンピューターがロックされている 。このアクションをすべてのユーザーまたは特定のユーザーが使用できるようにするかどうかは、設定​​から構成できます。ステーションのロック解除プロセスについても同じことができます。

トリガーの詳細設定

詳細設定ウィンドウをトリガーする10

最大(ランダム遅延)の遅延タスク

この機能を使用すると、タスクがトリガーされた瞬間とタスクが実行される瞬間の間に遅延を挿入できます。

たとえば、時間ベースのトリガーがある場合、タスクは午後3時にトリガーされるようにスケジュールされており、 最大(ランダム遅延)の遅延タスク 30分まで、タスクは午後3時から午後3時30分までの間にトリガーされます。

タスクを毎回繰り返します。

ここで、タスクの繰り返し時間を設定できます。したがって、タスクがトリガーされた後、指定された時間待機し、その後、再びトリガーされます。このプロセス全体は、割り当てられた期間が完了するまで続きます。

また読む: ファイルエクスプローラーフォルダーには、タスクマネージャーに個別のプロセスウィンドウがあります

2.アクションの種類

アクションは、タスクの実行中に実行されるプロセスまたはプロセスの一部です。タスクには最大32のアクションを含めることができます。すべてのアクションには、タスクの実行方法を決定するいくつかの設定があります。

タスクスケジューラのアクションウィンドウ10

からタスクのアクションを見つけて編集できます 行動 のタブ タスクのプロパティ メニューまたはから タスクの作成 窓。

リストに複数のアクションが含まれている場合、それらはアクションの先頭から連続して実行されます。 行動 タブをクリックし、リストの下からのアクションで終了します。

アクションの順序を変更する場合は、移動するアクションをクリックしてから、矢印キーを使用してアクションを上下に移動するだけです。

プログラムをアクティブにするアクション

この種のアクションは、プログラムまたはスクリプトを開始するために使用されます。

アクションタスクスケジューラウィンドウ10

の中に 設定 のメニュー 行動 タブで、起動するスクリプトまたはプログラムの名前を入力します。

これらのシーケンスの1つがコマンドライン引数を取る場合は、でそれらを追加、削除、編集できます。 引数の追加(オプション) テキストボックス。

ザ・ 開始(オプション) スクリプトまたはプログラムを実行するコマンドラインのディレクトリを指定できる場所です。

これは、プログラムへのパス、または実行可能ファイルによって使用されるファイルにつながるスクリプトファイルのいずれかである必要があります。

電子メールを送信するアクション

このアクションは、電子メールを介して多くのコミュニケーションを行う人々にとって特に役立ちます。

アクション送信メールタスクスケジューラ

このアクションの設定では、電子メールアドレス、メールを受信する人の電子メールアドレス、電子メールのタイトル、送信するメッセージを入力する必要があります。また、異なるファイルをメールに添付するためのオプション機能。

電子メールのSMTPサーバーも指定する必要があります。

メッセージを表示するアクション

アクションはメッセージウィンドウを表示します10

このアクションは、画面にタイトル付きのテキストを表示するため、リマインダーのように使用されます。を選択 メッセージを表示する からのカテゴリ 行動 メニューに移動し、リマインダーのタイトルとメッセージを入力します。

また読む: Windows 10設定は、スタートアップ管理オプションと改善されたCortanaを取得します

3.タスク条件の種類

タスク条件は、タスクがトリガーされた後に実行できるかどうかを決定します。条件はオプションであり、その主な役割は、運用状況に報告されたより正確なタスクの実行を支援することです。

タスクスケジューラの条件ウィンドウ10

あなたはそれらを見つけることができます 条件 のタブ タスクのプロパティ または タスクの作成 メニュー。状態は、アイドル状態、ネットワーク状態、ネットワーク状態の3つのカテゴリに分類されます。

アイドル状態

この状態では、コンピューターが一定時間アイドル状態になっている場合にのみ実行するようにタスクに指示できます。タスクスケジューラは15分ごとにアクティビティをチェックして、PCがアイドル状態になっているかどうかを確認します。

スクリーンセーバーがオンの場合、またはCPUとメモリの動作の割合が0%の場合、コンピュータはアイドル状態にあると見なされます。

コンピュータがアイドル状態にあることをタスクスケジューラが検出するとすぐに、設定されている時間のカウントダウンが開始されます。

この時間に戻って作業を続けると、アプリケーションはタスクをリセットします。

時間条件を0に設定することもできます。この場合、コンピューターがアイドル状態になったことをアプリケーションが検出すると、タスクが実行されます。

の場合 コンピュータがアイドル状態でなくなったら停止します 状態がオンの場合、コンピューターがアイドル状態から抜けると、タスクは実行を停止します。通常、このタスクは1回だけ実行されます。

コンピュータが非アクティブのままになるたびに実行するには、を確認する必要があります アイドル状態が再開したら再起動します

電源条件

この状態は、デバイスの電力方式に従うため、ラップトップユーザー専用です。コンピューターはエネルギー源から電流を受け取りますが、安定した電源がない場合、ラップトップはバッテリーで動作します。 力の源 。

この条件では、トリガーがアクティブ化された後、コンピューターが安定した継続的なエネルギー源に接続されているときに実行するタスクを設定できます。条件を設定することもできます。

デバイスがバッテリ電源で動作した場合にタスクを実行できないように条件を構成することもできます。

この条件から、コンピューターに開始するように指示するタスクを作成することもできます。 スリープモード トリガーされた後にアクションを実行します。これは休憩時間中に発生する可能性があり、問題を引き起こす可能性があることを考慮してください。

これを回避するには、デバイスが邪魔にならない距離にあることを確認するか、休憩時に電源をオフにします。

注意:システムがタスクの実行を開始すると、スリープモードでなくてもディスプレイが無効のままになる場合がありますが、ユーザーがデバイスで作業を開始するとディスプレイはオンになります。

ネットワークの状態

この条件を使用すると、特定の名前付きネットワークが使用可能な場合、またはタスクがトリガーされたときに接続が使用可能な場合に実行するようにタスクを構成できます。

タスクを実行するためにネットワーク条件が必要になると思われる場合は、条件でこれを設定することもできます。

また読む: Windows10が最後のユーザーに自動的にログインした場合の対処方法

4.タスク設定

タスク設定は、タスクの実行方法、削除方法、または停止方法を示しています。利用可能なすべての設定を含むパネルは、 設定 からのタブ タスクのプロパティ またはから タスクの作成 メニュー。

次のリストには、使用可能なすべての設定の説明が含まれています。

タスクスケジューラ設定ウィンドウ10

タスクをオンデマンドで実行できるようにする

ここでは、タスクをオンデマンドで実行できるようにすることで、スケジュールの前または後にタスクを手動で実行できるかどうかを指定できます。必要に応じていつでも実行するようにタスクを設定できます。

デマンド構成の詳細については、この記事の「タスクをオンデマンドで実行する方法」トピックを参照してください。

スケジュールされた開始を逃した後、できるだけ早くタスクを実行します

この設定により、さまざまな理由(デバイスの電源がオフになっている、タスクスケジューラがビジーである)でスケジュールされたときにタスクを実行できなかった場合でも、タスクの実行が開始されます。

デフォルト設定では、タスクスケジューラは、サービスが利用可能になったときにすぐにタスクを開始しません。 10分待ってから、すぐにプロセスを開始します。

タスクが失敗した場合は、毎回再起動してください期間

この設定により、前の試行がエラーによって阻止された場合、タスクスケジューラはタスクを強制的に再開します。

実行中の試行と達成する試行の数の間の時間間隔を追加する必要があります。

実行時間が長い場合はタスクを停止します期間

この設定を使用すると、タスクを実行できる時間制限を設定できます。

この設定は、実行に長時間を要するタスクの数を制限するために使用されます。これにより、コンピューターのリソースを節約できます。

タスクが再度実行されるようにスケジュールされていない場合は、後で削除します期間

この機能は、手動で実行する必要があるアクションを置き換えます。

タスクを1回だけ実行するようにスケジュールする場合は、将来そのタスクが不要になり、使用後に削除する必要のあるタスクのリストを不必要にロードしないことを意味します。

この設定は、タスクがアクティブ化されてからユーザーが設定した期間が経過すると、タスクを自動的に削除します。

この設定を選択するには、タスクに有効期限のあるトリガーが少なくとも1つ含まれている必要があることに注意してください。

タスクがすでに実行されている場合は、いくつかのことを知っておく必要があります

現在のタスクの別のインスタンスがすでに実行されている場合に備えて、タスクの実行方法を知るようにタスクスケジューラを構成する必要があります。

新しいインスタンスを開始しようとしないでください これは、アプリケーションが新しいインスタンスを実行せず、現在のインスタンスの実行を停止するためです。

新しいインスタンスを並行して実行できます 。タスクスケジューラはさまざまなインスタンスを並行して実行できるため、新しいインスタンスを実行する場合は、すでに実行されているインスタンスと同時に実行されます。

新しいインスタンスをキューに入れることができます 。現在のタスクがアクティビティを終了するとすぐに開始するようにインスタンスを設定できます。タスクスケジューラは、キューに新しいインスタンスを追加し、サービスは現在のタスクの実行を停止しません。

現在のインスタンスを停止します 。現在のインスタンスを停止すると、サービスは次のインスタンスで実行を試みます。

新しいインスタンスを並行して実行できます 。タスクスケジューラはさまざまなインスタンスを並行して実行できるため、新しいインスタンスを実行する場合は、すでに実行されているインスタンスと同時に実行されます。

新しいインスタンスタスクスケジューラを実行する

新しいインスタンスをキューに入れることができます 。現在のタスクがアクティビティを終了するとすぐに開始するようにインスタンスを設定できます。タスクスケジューラは、キューに新しいインスタンスを追加し、サービスは現在のタスクの実行を停止しません。

現在のインスタンスを停止します 。現在のインスタンスを停止すると、サービスは次のインスタンスで実行を試みます。

新しいインスタンスを並行して実行できます 。タスクスケジューラはさまざまなインスタンスを並行して実行できるため、新しいインスタンスを実行する場合は、すでに実行されているインスタンスと同時に実行されます。

新しいインスタンスをキューに入れることができます 。現在のタスクがアクティビティを終了するとすぐに開始するようにインスタンスを設定できます。タスクスケジューラは、キューに新しいインスタンスを追加し、サービスは現在のタスクの実行を停止しません。

現在のインスタンスを停止します 。現在のインスタンスを停止すると、サービスは次のインスタンスで実行を試みます。

また読む: SyncToyをWindows10にダウンロードしてインストールします

5.タスクのセキュリティコンテキスト

デフォルトでは、タスクスケジューラは、タスクがトリガーされたときにログオンしているすべてのユーザーのセキュリティコンテキストでタスクを順番に実行します。

これらの設定は、 セキュリティオプション のセクション 一般 変更するタスクを選択した後、タブをクリックします。

タスクスケジューラの一般的なウィンドウ10

タスクをより適切に整理するために、をクリックしてユーザーまたはユーザーのグループにタスクをグループ化できます。 ユーザーまたはグループの変更 カテゴリー。

ユーザーに管理者権限がない場合、ボタンが呼び出されます ユーザーの変更 アカウントはAdministratorsグループに入力できなくなります。

タスクスケジューラがユーザーウィンドウを変更する10

ザ・ ユーザーがログオンしているかどうかに関係なく実行 この機能を使用すると、特定のユーザーがログオンしていない場合でもタスクを実行できます。

この機能は、システムの任意のユーザーで実行する必要があるタスクに使用されます。この設定をオンにすると、タスクはインタラクティブに実行されません。

ログインしているユーザーがログオンしているときにのみタスクを実行するには、 ユーザーがログオンしている場合にのみ実行 ラジオボタン。

の場合 ユーザーがログオンしているかどうかに関係なく実行 機能を使用する場合は、チェックするかどうかに関係なく、アカウントの資格情報を提供する必要があります パスワードを保存しないでください か否か。

タスクスケジューラはパスワードウィンドウを保存しません10

アカウントがログオンしていない場合、タスクスケジューラは、保存された資格情報を使用してタスクを実行します。

を選択すると パスワードを保存しないでください 、アプリケーションは、タスクの作成時に資格情報を保存しませんが、ユーザーが適切に認証した後に資格情報を破棄します。

サービスがタスクを実行する必要がある場合、サービスは ユーザー向けサービス (S4U)ユーザーのトークンを取得するためのロギングプロトコルの拡張。言い換えれば、の主な目的は ユーザー向けサービス アカウントのコンテキストを保護することです。

また読む: Windows10にMicrosoftInfoPathをダウンロードしてインストールする方法

6.タスクスケジューラの使用方法

このアプリケーションがどのように機能するかについて話し合った後、それをどのように使用するかについて話し、さまざまなエラーのトラブルシューティングを行うときが来ました。

タスクスケジューラを開始する

このアプリケーションにアクセスするには、いくつかの方法があります。お持ちのWindowsのどのバージョンでも動作する2つを紹介します。

方法1–Windowsインターフェイスを使用する

  1. タイプコントロールパネルin画面の左下隅にある検索バー。
  2. コントロールパネルアイコンをクリックします。
  3. クリックしてください システムとセキュリティ [コントロールパネル]ダイアログボックスのカテゴリ。
  4. クリックしてください 管理 ツール。
  5. これにより、さまざまなアプリケーションのリストが開き、そのリストにタスクスケジューラが表示されます。それをダブルクリックすると、アプリケーションが開きます。

管理ツールタスクスケジューラウィンドウ10

方法2–コマンドプロンプトの使用

  1. タイプcmd画面の左下隅から検索バーに表示されます。
  2. クリックしてください コマンド 促す。

コマンドプロンプトウィンドウ10

  1. タイプmsdコンソールでコマンドを実行すると、アプリケーションが開きます。

タスクを作成する

タスクスケジューラの新しいフォルダウィンドウ10

  1. タスクスケジューラを開きます。
  2. タスクを作成するコンソールツリー(左側のパネル)からフォルダーを選択します。まだフォルダを作成していない場合は、 行動 タブをクリックします 新しいフォルダ… ボタンをクリックして、新しいフォルダに名前を付けます。
  3. クリックしてください タスクの作成 からのボタン 行動
  4. タスクの名前をに入力する必要があります 一般 のタブ タスクの作成 ダイアログボックス。必要に応じて、メニュー設定を自由に変更してください。
  5. このアクションにアタッチするトリガーのタイプを選択します。これを行うには、を開きます トリガー タブをクリックし、 .. ボタン。詳細については、この記事のトリガーセクションの情報を確認してください。
  6. タスクに含まれるアクションまたはアクションのセットを選択する必要があります。そのためには、 行動 のメニュー タスクの作成 をクリックします .. ボタンをクリックして、アクション設定を構成します。この記事のアクションセクションから情報を確認できます。
  7. を見てください 条件 そして 設定 タブを使用して、ニーズに合わせてタスクをより適切にカスタマイズします。
  8. クリックしてください OK からのボタン タスクの作成 タスク作成プロセスを終了するためのダイアログボックス。

作成済みのタスクを変更する方法

タスクスケジューラのプロパティウィンドウ10

  1. タスクスケジューラを開きます。その方法がわからない場合は、「タスクスケジューラの開始」トピックの情報を確認できます。
  2. 変更するタスクが含まれているコンソールのタスクフォルダーから選択します。
  3. 変更するタスクを選択します。
  4. クリックしてください プロパティ からのタブ アクション これにより、 タスクのプロパティ ダイアログボックス。
  5. クリックしてください 一般 タブをクリックして、変更可能なタスクの一般設定を表示します。これらの設定は理解しやすいので、変更しても問題はありません。
  6. オプション:トリガー設定を変更する方法。から トリガー タブを使用すると、アクションをトリガーするものを確認できます。変更するトリガーを選択し、をクリックします 編集 新しいトリガーを追加する場合は、 新着 ボタンをクリックし、手順に従って構成します。選択したタスクを削除したい場合は、をクリックするだけです。 削除 ボタン。トリガー構成の詳細については、この記事の「トリガー」トピックを確認してください。
  7. オプション:アクション設定を変更する方法。から 行動 タブを使用すると、タスクによって実行されるアクションを確認できます。変更するアクションを選択し、をクリックします 編集 選択したアクションを削除する場合は、 削除 ボタン。新しいアクションを追加する場合は、 追加 ボタンをクリックし、アクションの設定についてサポートが必要な場合は、記事の「アクション」トピックから情報を読むことができます。
  8. プロセスを終了するには、をクリックします OK のボタン タスクのプロパティ ダイアログボックスと新しいタスクが登録されます。別のタスクを登録するとアクティブになるタスクを既に作成している場合は、有効になります。

タスクを削除する方法

方法1–Windowsインターフェイスを使用する

タスクスケジューラはフォルダウィンドウを削除します10

  1. タスクスケジューラを開きます。その方法がわからない場合は、「タスクスケジューラの開始」トピックの情報を確認できます。
  2. クリックしてください タスクスケジューラライブラリ アプリケーションインターフェイスの左側からフォルダ。これにより、スケジュールされたすべてのタスクのリストが開きます。
  3. 削除するタスクを右クリックして、[削除]を選択します。

方法2–コマンドプロンプトの使用

  1. タイプコマンド・プロンプト画面の左下隅から検索バーに表示されます。
  2. クリックしてください コマンド・プロンプト アイコンをクリックしてコンソールを開きます。
  3. このコマンドを変更して、コンソールに貼り付けます schtasks /削除[/ S [/ U [/ P []]]]

/ TN [/ F]

  1. 上記のコマンドの詳細を確認するには、次のように入力します schtasks / Delete /? コンソールで。

タスクフォルダの作成方法

スケジュールされたタスクをより適切に整理するために、役割に応じて異なるフォルダーでタスクを共有することをお勧めします。注意:一度作成すると、タスクの名前を変更することはできません。タスクフォルダの名前を変更するには、そのフォルダを削除して、新しいタスクフォルダを作成する必要があります。

タスクフォルダを作成する方法は次のとおりです。

  1. 提示された方法の1つでタスクスケジューラを開きます。
  2. 新しいタスクフォルダを作成するアプリケーションインターフェイスの左側のテーブルからタスクフォルダを選択します。
  3. クリックしてください 新しいフォルダ からのボタン 行動
  4. 新しいフォルダの名前を入力します。
  5. クリックしてください OK ボタンをクリックしてプロセスを終了します。

タスクフォルダを削除する方法

タスクをより適切に整理するためにフォルダーを削除する場合は、フォルダーが空であることを確認する必要があります。

つまり、タスクフォルダーを削除する前に、すべてのタスクとサブフォルダータスクを削除する必要があります。

タスクを削除する方法の詳細については、記事の「タスクを削除する方法」トピックを確認してください。注意: タスクスケジューラライブラリ 削除できない唯一のフォルダです。

タスクフォルダを削除する方法は次のとおりです。

  1. 提示された方法の1つでタスクスケジューラを起動します。
  2. アプリケーションインターフェイスの左側のテーブルからタスクフォルダを選択します。
  3. あなたはに気付くでしょう アクション あなたが持っているパネル フォルダを削除する そのオプションをクリックします。
  4. これにより、アプリケーションが削除の確認を要求するダイアログボックスが開きます。クリックしてください はい プロセスを完了するためのオプション。

タスクスケジュールフォルダ削除アクションウィンドウ10

タスクをインポートする方法

タスクスケジューラには、タスクをインポートできる機能があります。タスクは、選択したフォルダに追加されます。すべてのタスク特性(プロパティ、トリガー、条件、アクション、および設定)は、XMLファイルにあります。

方法1–Windowsインターフェイスを使用する

  1. タスクスケジューラを開きます。
  2. 新しいタスクをインポートするフォルダーを選択します。タスクを新しいフォルダーにインポートするには、この記事の「新しいタスクフォルダーを作成する方法」トピックを確認してください。
  3. クリックしてください インポートタスク からのボタン アクション
  4. このアクションにより、タスクのXMLファイルへのパスを見つけて選択したウィンドウが開きます。
  5. タスクへのパスを入力すると、アプリケーションは タスクの作成 インポートされたタスクに関するすべての情報を見つけることができるダイアログボックス。
  6. クリックしてください OK のボタン タスクの作成 インポートプロセスを終了するダイアログボックス。

タスクスケジューラのインポートウィンドウ10

方法2–コマンドプロンプトの使用

  1. 開いた コマンド・プロンプト 。これを行うには、次のように入力しますcmdWindowsの検索バーにあります。
  2. クリックしてください コマンド・プロンプト アイコンをクリックしてコンソールを開きます。

3.次のコマンドを編集してコンソールに貼り付けます。 schtasks /作成[/ S [/ U [/ P []]]] / XML / TN .4。上記のコマンドの詳細については、コンソールで次のコマンドを入力してください schtasks / Create /?

タスクをエクスポートする方法

タスクスケジューラには、タスクをさまざまなユーザーにエクスポートできる統合機能もあります。タスクは、通常のファイルのように共有できるXML形式で保存されます。

方法1–Windowsインターフェイスを使用してタスクをエクスポートする

  1. タスクスケジューラを開きます。
  2. エクスポートするタスクが含まれているタスクフォルダーを開きます。タスクフォルダのリストは、タスクスケジューラインターフェイスの左側にあります。
  3. エクスポートするタスクを右クリックして、 .. オプション。タスクを選択すると、このオプションは アクション パネル。
  4. このアクションにより、タスクを保存する場所を参照する必要があるダイアログボックスが開きます。

タスクスケジューラのエクスポートウィンドウ10

方法2–コマンドプロンプトの使用

  1. 検索 コマンド・プロンプト タイピングcmdWindowsの検索バーにあります。
  2. クリックしてください コマンド・プロンプト アイコンをクリックしてコンソールを開きます。
  3. 次のコマンドを編集してコンソールに貼り付けます。 schtasks / Query [/ S [/ P]]]] / XML / TN
  4. コマンドタグの詳細を確認するには、コンソールで次のコマンドを入力します schtasks / Query /?
  5. XMLファイルがコンソールに表示されます。タスクXMLをコピーして、空のXMLファイルに貼り付けます。 XMLファイルが保存されると、タスクのすべての特性が含まれます。

オンデマンドでタスクを実行する方法

この機能は、タスクの実行がスケジュールされた後または前にタスクを実行するのに役立ちます。これは、タスクが無効になっておらず、 タスクをオンデマンドで実行できるようにする タスクの設定が選択されています。これを行うための2つの非常に簡単に実装できるメソッドを次に示します。

方法1–Windowsインターフェイスを使用する

  1. まだ行っていない場合は、タスクスケジューラを開きます。
  2. 実行するタスクが含まれているフォルダーを開きます。
  3. タスクを右クリックして、 実行 タスクを選択すると、このオプションは アクション タスクスケジューラインターフェイスの右側からのパネル。

タスクスケジューラはWindows10を実行します

方法2–コマンドプロンプトの使用

  1. 画面の左下隅にあるWindowsアイコンを右クリックします。
  2. これにより、さまざまなアプリケーションへのショートカットを含むリストが開きます。クリックしてください コマンドプロンプト(管理者) 管理者としてコンソールを開くセクション。
  3. このコマンドを編集して、 コマンド 促す ダイアログボックス。 schtasks / Run [/ S [/ U [/ P []]]] / TN
  4. 上記のコマンドラインの詳細については、コンソールに入力してください schtasks / Run /?

実行中のタスクを停止する方法

タスクスケジューラは、タスクがすでに実行されている場合でも、タスクのアクティビティを終了できる機能を提供しています。

これを行うには、実行中のタスクに 要求されたときに実行中のタスクが停止しない場合は、強制的に停止させます 設定が有効になりました。

この機能は通常、終了プロセスを終了したときにタスクがアクティビティを終了しない場合に使用されます。実行中のタスクを強制的に停止する2つの簡単な方法を次に示します。

方法1–Windowsインターフェイスを使用する

  1. この記事の「タスクスケジューラの開始」トピックに示されている方法のいずれかを使用して、タスクスケジューラを開きます。
  2. アプリケーションインターフェイスの左側から、閉じたいタスクが含まれているフォルダを選択します。
  3. タスクを右クリックして、 終わり タスクを選択すると、このオプションはに表示されます 行動 インターフェイスの右側からのパネル。
  4. このタスクのすべてのインスタンスを終了するかどうかを尋ねられるダイアログボックスが表示されます。クリックしてください はい 終了するボタンは、タスクを停止します。

タスクスケジューラの終了ウィンドウ10

方法2–コマンドプロンプトの使用

  1. WindowsキーとRの組み合わせを使用して、コマンドプロンプトを開きます。

2.このコマンドを編集して入力し、タスクのアクティビティを終了します schtasks / End [/ S [/ U [/ P []]]] / TNタスク名

  1. 各シーケンスの役割を確認するには、コンソールでこのコマンドを入力して、必要なすべての情報を取得します。 schtasks / End /?

タスクの実行を有効にする方法

タスクが無効になると、アクションを実行できます。タスクを作成して、使用したい瞬間までそのままにしておくことができます。あらゆる種類のユーザーが実装できるタスクをアクティブ化する2つの方法があります。

方法1–Windowsインターフェイスを使用する

  1. タスクスケジューラを開きます。
  2. 有効にするタスクが含まれているタスクフォルダーを開きます。
  3. タスクを右クリックして、 有効にする コンソールパネルにタスクのリストがあります。タスクを選択して、から実行することもできます。 行動 パネル。

タスクスケジューラはWindows10を有効にします

方法2–コマンドプロンプトの使用

  1. 使用 Windowsキー+ R 開くキーの組み合わせ コマンド・プロンプト

2.次のコマンドを編集して、コンソールダイアログボックスに貼り付けます。 schtasks / Change [/ S [/ U [/ P []]]] / TN [/ ENABLE]

  1. 上記のコマンドに関する詳細情報を取得するには、次のコマンドを入力します。 schtasks / Change /?

実行するタスクを無効にする方法

タスクスケジューラには、特定の期間、タスクのアクティビティを無効にできる機能があります。必要なときにいつでもタスクを再度有効にすることができます。詳細については、この記事の「タスク設定」トピックを確認してください。

方法1–Windowsインターフェイスを使用する

  1. これを行っていない場合は、タスクスケジューラを開きます。その方法については、この記事の「タスクスケジューラの開始」トピックの情報を参照してください。
  2. タスクがあるフォルダーを開きます。これを行うには、タスクスケジューラインターフェイスの左側からパネル内のフォルダを検索し、それをダブルクリックします。
  3. このアクションにより、そのフォルダーのすべてのタスクがコンソールパネルに表示されます。
  4. 無効にするタスクを検索し、右クリックします。
  5. いくつかのアクションを含むリストが表示されますが、この場合は1つだけに関心があります。クリックしてください 無効にする タスクアクティビティを停止するオプション。

タスクスケジューラはWindows10を無効にします

方法2–コマンドプロンプトの使用

  1. 開く コマンド・プロンプト 画面の左下隅にあるWindowsアイコンを右クリックします。
  2. これにより、さまざまなショートカットと機能を含むリストが開きます。クリックしてください コマンドプロンプト(管理者) 管理者としてコンソールを開きます。

3.次のコマンドを情報で編集し、 コマンド・プロンプト ダイアログボックス: schtasks / Change [/ S [/ U [/ P []]]] / TN / DISABLE .4。貼り付けると、このコマンドラインの詳細を確認できます。 schtasks / Change /? コンソールで。タスクスケジューラで使用可能なすべてのコマンドのリストと、各コマンドの簡単な説明が表示されます。

タスクのプロパティと履歴を表示する方法

タスクのプロパティには、すべてのタスクについて知っておく必要のあるすべてのもの(名前、説明、アクション、トリガー、セキュリティオプション、条件、設定)が含まれています。

タスク履歴は、その時点までに作成されたすべてのタスクのリストであり、プロパティと一緒に表示できます。このリストは、MicrosoftWindowsタスクスケジューラのイベントログによって追跡されたイベントに基づいています。

タスクに関連するすべてのアクションはイベントと見なされるため、タスクが実行されるたびに、イベントログに行が作成されます。タスクのプロパティと履歴を表示する2つの方法は次のとおりです。

方法1–Windowsインターフェイスを使用する

  1. 「タスクスケジューラの開始」トピックで提示された方法の1つを使用してタスクスケジューラを開きます。
  2. 表示するタスクが含まれているフォルダーを開きます。
  3. これにより、そのフォルダのすべてのタスクを含むリストがコンソールに開きます。タスクを右クリックして、 プロパティ タスクとを選択できます プロパティ ボタンがに表示されます 行動 パネル。
  4. の中に タスクのプロパティ ダイアログボックスがあります 一般トリガー行動条件 そして 設定 これらのタブのいずれかをクリックして、プロパティを表示します。
  5. クリックしてください 歴史 タブをクリックして、タスクの履歴を表示します。

タスク履歴オプションは、有効にすることも無効にすることもできます。 アクション パネル。そこにあなたは見つけるでしょう すべてのタスク履歴を無効にする / すべてのタスク履歴を有効にする ボタンとあなたの希望に応じて、あなたはタスク履歴を設定することができます。

また、をクリックすると、イベントリストからイベントの説明を表示できます。 歴史 タブ。

方法2–コマンドプロンプトの使用