修正:LenovoBitLockerは起動のたびに回復キーを要求する

修正:LenovoBitLockerは起動のたびに回復キーを要求する

Fix Lenovo Bitlocker Requests Recovery Key Every Boot

PCのさまざまな問題を修正するには、RestoroPC修復ツールをお勧めします。 このソフトウェアは、一般的なコンピューターエラーを修復し、ファイルの損失、マルウェア、ハードウェア障害からユーザーを保護し、最大のパフォーマンスを得るためにPCを最適化します。 3つの簡単なステップでPCの問題を修正し、ウイルスを今すぐ削除します。
  1. RestoroPC修復ツールをダウンロードする 特許技術が付属しています(特許が利用可能 ここに )。
  2. クリック スキャン開始 PCの問題を引き起こしている可能性のあるWindowsの問題を見つけるため。
  3. クリック 全て直す コンピュータのセキュリティとパフォーマンスに影響を与える問題を修正する
  • Restoroはによってダウンロードされました0今月の読者。

BitLockerは、一部のLenovoPCのハードドライブとフラッシュドライブを暗号化します。ただし、一部 レノバヨガ ユーザーはフォーラムの投稿で、Windowsを起動するたびにBitLockerが回復キーを要求し続けると述べています。



したがって、ユーザーは起動するたびにキーを入力する必要があります。この問題は、マザーボードのハードウェアを変更した後に発生することがよくあります。

LenovoBitlockerの主要な問題を修正する方法

1. BitLockerTPMを更新します

新しいマザーボードを使用しているユーザーは、回復キーの要求を修正するためにTPM(Trusted Platform Module)を再作成する必要があります。新しいマザーボードのTPMには、BitLocker暗号化に関する情報は含まれません。



スチームブラックスクリーンウィンドウ10

したがって、保護を一時的に一時停止してTPMを更新すると、通常は問題が修正されます。これは、ユーザーがWindowsでTPMを更新する方法です。

  • Windowsキー+ Eホットキーでファイルエクスプローラーを開きます。
  • 次に、BitLockerがオンになっているハードドライブを右クリックして、 BitLockerを管理する
  • 次に、BitLocker設定を含むコントロールパネルアプレットが開きます。クリック サスペンド 保護オプション。
  • ダイアログボックスウィンドウが開き、「BitLocker保護を一時停止しますか?」を押します はい 確認するボタン。
  • 次に、をクリックします 履歴書 保護を一時停止してから数分後に保護オプション。
  • 次に、デスクトップまたはラップトップを再起動します。

2.コマンドプロンプトを使用してBitLockerTPMを更新します

  • または、ユーザーはコマンドプロンプトを使用してBitLockerのTPMを更新できます。これを行うには、Windowsキー+ Rホットキーを押します。
  • 次に、[ファイル名を指定して実行]に「cmd」と入力し、Ctrl + Shift + Enterを押して管理者特権のコマンドプロンプトを開きます。



  • コマンドプロンプトで「Manage-bde-statusc:」(c:ドライブの場合)を入力し、Returnキーを押します。
  • TPM情報を削除するには、「Manage-bde – protectedors -delete c:-type TPM」と入力して、Returnキーを押します。

崩壊状態2は起動しません
  • 次に、プロンプトに「Manage-bde -protectors -add c:-tpm」と入力し、Enterキーを押します。
  • コマンドプロンプトを閉じます。
  • クリック 再起動 [スタート]メニュー。

—関連: Windows 10、8.1、または7でBitLockerをオフにする方法

3.BitLockerをオフにします

  • ユーザーは、BitLockerをオフにして、起動前の認証を停止できます。これを行うには、Runアクセサリを開きます。
  • 次に、テキストボックスに「cmd」と入力してCtrl + Shift + Enterを押して、コマンドプロンプトを開きます。
  • プロンプトに「manage-bde-offC:」と入力し、Returnキーを押してBitLockerをオフにします。



このメッセージは現在送信できません。後でもう一度やり直してください。
  • または、ユーザーはBitLockerサービスをオフにすることもできます。これを行うには、Runアクセサリを開きます。
  • [実行]テキストボックスに「services.msc」と入力して、[ OK 真下のウィンドウを開きます。

  • 次に、BitLockerドライブ暗号化サービスをダブルクリックして、プロパティウィンドウを開きます。
  • 選択する 無効 [スタートアップの種類]ドロップダウンメニュー。
  • を押します 適用する ボタン。
  • クリック OK ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。
  • 次に、Windowsを再起動します。

TPMを更新するか、BitLockerをオフにすると、起動前の回復キー要求が停止する可能性があります。 BitLockerの起動前認証の修正がさらにある場合は、以下で自由に共有してください。

チェックアウトする関連記事: