Windows 8、10用のオーバードライブメディアコンソールアプリでAdobeIDを同期できるようになりました

Windows 8、10用のオーバードライブメディアコンソールアプリでAdobeIDを同期できるようになりました

Overdrive Media Console App

今月の初めに、Windows8ユーザー向けの公式のOverDriveMedia Consoleアプリが大きな更新を受け取り、2週間も経たないうちに、別の更新が行われたことを報告しました。
Windows8.1用のオーバードライブメディアコンソールアプリ
ザ・ Windows用のオーバードライブメディアコンソールアプリ 8ではダウンロードできます 電子書籍 そして オーディオブック ライブラリからWindows8.1デバイスまで、非常に優れたデザインと機能が付属しています。このアプリは、Windows8とWindowsRTの両方のユーザーが利用でき、記事の最後にあるリンクをたどることで完全に無料でダウンロードできます。変更ログから入手できる最新バージョンによると、新機能は次のとおりです。



  • アプリ内で図書館サイトを閲覧できるようになりました
  • OverDriveアカウントを使用してAdobeIDを同期するオプションが利用可能になりました
  • その他のさまざまなバグ修正と改善

また読む : Bank of America App for Windows 8がセキュリティアップグレードを取得、今すぐダウンロード

Windows8用のオーバードライブメディアコンソールアプリは新しいアップデートを歓迎します

Windows8用のオーバードライブメディアコンソールアプリ



OverDrive Media Consoleを使用すると、公立、学校、または大学の図書館から電子書籍やオーディオブックに外出先でアクセスできます。世界中の28,000以上の図書館、学校、小売店がOverDriveを介してベストセラーのクラシックなタイトルを提供しています。アプリの「図書館を追加」機能または「検索チャーム」を使用して、お近くの図書館を見つけてください。図書館の電子書籍とオーディオブックはどのように機能しますか?図書館のデジタルタイトルは、印刷物と同じように借りられます。ライブラリを見つけたら、ブラウザでライブラリのデジタルコレクションWebサイトを閲覧し、有効なライブラリカードでタイトルを借りて、そのタイトルをWindows8.1デバイスに直接ダウンロードできます。

そして、最新の機能を利用する際に留意する必要のあるいくつかの事項があります。



  • OverDriveメディアコンソール(OMC)v3.0(またはそれ以降)をすべてのデバイスにインストールする必要があります
  • OMCは、すべてのデバイスで同じAdobeIDで認証される必要があります
  • すべてのデバイスにログインするには、同じOverDriveアカウントとAdobeIDを使用する必要があります
  • タイトルはすべてのデバイスにダウンロードする必要があります

Windows8用のOverDriveメディアコンソールアプリをダウンロードします

  • Windows8アプリの更新